• HOME
  • 解決事例
  • 解決事例6 従業員や関係会社の混乱を最小限に抑えて速やかな破産申立を行った事例

<相談会社の概要>
昭和40年代創業の40年以上歴史のある化粧品関連会社
負債は総額で約2億万円以上
債権者数は約80社以上

<相談時の状況>
相談会社は、一部上役の賃金の支払が困難になり、手形の不渡りも避けられない状況になったため

事業を閉めたいとのことで相談に見えました。
しかし、受任時も従業員数10名が稼働していたためただ解雇すると言うだけでなく、

失業保険や立替払い制度の利用を適切に行わないと大きな混乱が生じうるおそれがありました。

また、関係会社からの預り品も多くあったため、返還等の処理をしないと

関連会社に多大な迷惑をかけるおそれもありました。


<申立~解決に至るまで>
依頼を受けた後、まずは事前に従業員向け説明および代表者による従業員向けの説明会の原稿を作成しました。

その後、手形の不渡りが出る予定日に会社まで弁護士が同行し、従業員向けの説明会を開催したうえで、

同日解雇または解雇日までの賃金(一部)の支払を行いました。

しかし、なおすべての賃金支払えない状況ではありましたので、一週間後に改めて

未払賃金立替払い制度の書類配布と説明会を開催し、あわせて離職票・失業手当給付に関する説明も行いました。

速やかに今後の生活等の説明をおこなったことでおおきな混乱も起きることがなく、

かえって従業員の方々からは任意で破産申立手続に協力してもらうことができました。
従業員の方への説明と並行して、関係会社からの預り品であることが明らかであるものや

破産の依頼をした後に相談会社に納品されたものについては、申立前に速やかに関係者に返還して

関係会社各社への迷惑も最小限に抑えることができました。
以上の対応がすべてできたところで会社と代表者について破産申立をしました。


<倒産後の見通しについて>
代表者は十分な年金が受給可能な年齢に達していたので、破産後の生活には問題はありませんでした。

もっとも、代表者が所有している不動産については処分を求められる可能性もありましたが、

破産管財人と協議の上、代表者の親族が買い取るという方向で話をまとめることができ、

代表者はそのまま自宅に居住することができました。

 

<解決のポイント>
○破産の申立による従業員および取引先等関係者の混乱を最小限に抑えるために

申立人が速やかかつ適切な処理をした
○懸案事項だった代表者の自宅不動産についても管財人と協議の上で、

代表者の家族が買い取ることで残してもらえることもできた
 

無料相談詳しくはこちら>>弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です

 

ehlo_mailban.png
MAP

 

江原総合法律事務所運営サイト

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

労働トラブルについてはこちら

江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner

 

Copyright (C) 2012 弁護士法人 江原総合法律事務所 All Rights Reserved.